営業の受注率が向上するAI商談解析クラウド ACES Meet

ChatGPT(チャットGPT)とは?料金や始め方、上手に使うコツを紹介

aces meet blog_ChatGPT

更新日:2023年12月05日

公開日:2023年11月10日

「ChatGPT」は、人間と会話をしているような自然な対応と、瞬時に回答を得られることから利用者が急増している、生成AIを活用したチャットサービスです。

この記事では「話題のChatGPTを使ってみたい」「本当に便利なのか試したい」と考える方に、ChatGPTの使い方や料金など、概要を解説します。始める方法や上手に使うコツも紹介しますので、記事を参考にビジネスシーンなどで活用してみてください。

aces meet_table

ChatGPT(チャットGPT)とは?

ChatGPTは、アメリカの人工知能研究所「OpenAI」が開発した、生成AIを用いたAIチャットサービスです。2022年11月にサービスが開始されるとその回答精度の高さから、瞬く間にユーザー数1億人を突破し、世界中で話題になりました。

ChatGPTは、ユーザーが入力した質問に対し、人間と会話しているように自然な対話形式で回答してくれます。インターネット上の膨大な情報を学習しているため、レシピからおすすめのホテル、小説や企画書の作成、プログラミングなど幅広いジャンルに対応可能です。

質問次第でさまざまな活用方法が考えられるため、大きな可能性が期待されています。Webブラウジング機能がないというChatGPTの弱点を克服した、「ChatGPT Plus」もリリースされ、ますます活用の幅が広がってきました。

ChatGPT(チャットGPT)の公式サイト

ChatGPTは、公式サイトでアカウントを作成するだけで、誰でも利用できるようになります。

参考:ChatGPT公式サイト

ChatGPT(チャットGPT)ができる(得意な)こと

ChatGPTは自然言語処理技術を使用しており、人間と会話をするようになめらかな会話をすることができます。インターネット上に存在する膨大な情報を学習して回答しているため、歴史的な出来事や数学、プログラミングなど幅広い知識についての回答が可能です。

また、ChatGPTは生成AIですので、小説や企画書などの文章の作成や、テキストの翻訳なども得意です。生成AIはコンテンツを1から作り出せるため、タイトル作りやアイデアを出すなど、想像力や表現力が必要なジャンルでも優れています。

ChatGPT(チャットGPT)ができない(苦手)なこと

ChatGPTは2021年9月までのデータをもとにしているため、それ以降の新たな情報は回答に反映されません。最新の情報を含まないため、限定的な回答になるのが弱点です。

また、ChatGPTは大量のデータをもとに、質問に対して続くと予測されるテキストを回答する性質があります。そのため、場合によっては正確性に欠けた不適切な出力をする可能性が指摘されています。

さらに、情報元のURLの表示もされないため、ユーザーはデータ元を参照することや確認することができません。回答が誤情報であっても判断が難しく、トラブルの原因にもなり得ます。

ただし、バージョンアップしたGPT-4ではこれらの弱点をカバーし、最新情報が反映され、情報ソースも確認できるようになりました。

ChatGPT(チャットGPT)の料金

ChatGPTの利用料は無料です。登録するために必要なのはメールアドレスのみなので、気軽に利用できます。

ChatGPTには「ChatGPT Plus」というプランもあり、こちらはサブスクリプションサービスとして提供されています。WebでChatGPT Plusを利用する場合は月額20ドル、アプリからでは月額3,000円(2023年9月時点)かかります。

ChatGPT Plusは、GPT-4というバージョンを使用しており、優先的なアクセスや無料版には無い拡張機能などがついています。

ChatGPT(チャットGPT)の種類

aces meet blog_ChatGPT_2

ChatGPTに使用されている「GPT」とは、テキストの生成や要約に用いられる言語モデルのことです。現在はGPT-3.5とGPT-4の2種類のバージョンが使用されています。それぞれの特徴を紹介します。

GPT-3.5

GPTは、膨大な学習データを用いて、人間がつくる文章と変わらない自然な回答を生成することができる生成AIです。GPT-3.5を搭載したChatGPTは、チャット形式のインターフェースを有しています。そのため、コンピュータに詳しくない一般ユーザーでも利用しやすいのが特徴です。

ChatGPTは、自然言語処理という技術を使っており、人間のように会話ができます。また、ディープラーニング機能によって、データの量が増えるほどより深く学習し、賢くなっていきますので、使えば使うほど精度の高い回答が可能です。

想像力や表現力に優れているため、一から小説を執筆したり、アイデアを出すなど、さまざまな可能性が期待されています。

GPT-4

2023年3月に発表されたGPT-4は、ChatGPTの上位モデルであり、バージョンアップしたことにより飛躍的に精度が向上しました。誤字脱字が大幅に減少し、複数の指示を含む質問にも対応ができます。

GPT-4にはプラグイン機能やブラウジング機能が搭載されており、情報のブラウジングや機能の拡張が可能になりました。そのため「3.5」ではできなかった最新の情報を取り入れて回答することができるようになり、さらに利便性が高まりました。

その他、GPT-4になり進化した部分は、画像入力が可能になったことや、最大25,000文字の長文に対応可能になったことです。また、整合性や日本語の精度も向上しました。

GPT-4はChatGPT Plusや、bing aiで利用することが可能です。

ChatGPT(チャットGPT)の始め方

ChatGPTの始め方について説明します。PCとスマホでは表示される画面はやや異なりますので、別々に紹介します。

PCでの始め方

ChatGPTをPCで利用する場合は、インストールなど手間のかかる手続きはいりません。公式サイトでアカウントを登録し、質問を入力するだけですぐに利用できます。

アカウント作成手順は以下の通りです。

①ChatGPT公式サイトにアクセスして、「TRY CHATGPT」からログイン画面に移ります。

②初めて利用する時は「Sign up」を選択します。アカウント作成済みの場合は「Log in」を選択すればすぐに使用できます。

③登録にはメールアドレスかGoogle/Microsoftアカウントが使用できます。メールアドレスの場合は8文字以上のパスワードを設定します。

④登録したアドレスにOpenAIからメールが届きますので、本文内の「Verify email address」から登録画面に移動します。名前と電話番号を登録するとショートメールに6桁の認証コードが送られてくるので、それを入力すると完了です。

スマホでの始め方

スマホでChatGPTを利用する場合は、Webだけでなくアプリで使用することもできます。

ここではアプリで使う場合をメインに紹介します。Webを使う場合はPCでの始め方を参照してください。

①アプリをダウンロードしたら、アイコンを押します。ログインしたい方法を選択してください。

②メールアドレスを登録する画面が表示されますので、使用するアドレスを入力します。

さらにパスワードも設定します。

③パスワード設定が完了したら、個人情報入力画面が表示されますので、名前と生年月日を入力します。

④次は電話番号を入力します。登録した電話番号にSMSコードが送られてくるので、コードを入力し「Venify」を押します。

⑤使用目的を選択したら、登録は完了です。ホーム画面に移動したら、すぐに使用できます。

ChatGPT(チャットGPT)の使い方

ChatGPTの使い方は大変シンプルです。まずは、あいさつや知りたいことを入力してみましょう。

PCでの使い方

アカウントが作成できたらログインします。表示された画面の枠内に質問を入力し、送信してみましょう。数秒程度で質問内容に応じた答えが表示されます。

回答が不明瞭な場合は聞き方を変えてさらに質問を続けると、より求める情報に近い回答を得ることができます。質問ではなくあいさつなどを入れると、返事を返してくれ、人間と会話しているような対話を楽しむことも可能です。

スマホでの使い方

Webで利用する場合は、PCでの使い方と同じになります。

アプリの場合は、タップしてログイン画面を表示させます。ログイン後、画面下部の入力枠に文字を入力すると、すぐに返事が返ってきます。前回のやり取りも記憶されていますので、続きを質問することも可能です。

アプリの場合はCMが入りますが、回答時間そのものはWeb利用と変わらず、素早く対応してくれます。

ChatGPT(チャットGPT)を上手に使うコツ

ChatGPTはユーザーが入力する質問の仕方によって、回答の内容や精度が大きく左右されます。上手に使いこなすためには以下の点に気をつけて質問してみましょう。

適切なプロンプトを使う

ChatGPTは曖昧な表現の質問が苦手です。曖昧で漠然とした質問よりも、目的を明確にして問うことで回答の精度が高くなり、適切な回答を得られやすくなります。

「何を知りたいのか」「どのような情報が欲しいのか」をはっきりさせ、できるだけ具体的な質問を心がけましょう。回答の対象範囲を入れたり、質問の背景となる情報を含めることで、より自分の求める回答に近づけることができます。

ChatGPTから質問させる

足りない情報を補うための逆質問をChatGPTに考えさせることで、欲しい情報を得やすくなります。例えば「より質の高い回答をするために情報が必要な場合は、私に質問してください」などと入力し、ChatGPTに質問させるようにします。

これによりChatGPTに不足している情報が判断でき、質問の内容を変化させることができるのです。このようなやり取りを重ねることで欲しい情報を効率よく得られるようになるでしょう。

質問を重ねる

一つ目の質問で不明瞭な回答が返ってきたら、聞き方を変えたり、不明瞭な部分について尋ねてみましょう。何度も繰り返すうちに自分の要望がはっきりしてきて、しっかり伝えることもできるようになり、回答の精度が上がってきます。

そうやって質問を重ねることで自分が欲しい情報にたどり着きやすくなります。ただし、一度にいくつかの質問を詰め込むのは、混乱のもとになりますのでやめましょう。

端的な質問の回答で得たものを組み合わせることで、情報の粒度が細かくなり、これまで得られなかったことまでわかる場合があります。

回答の条件を細かく指定する

質問する際に回答の条件を細かく指定しておくと、求める情報に近い回答を得られやすくなります。出てきた回答を報告書などの形式や想定した文字数に合わせる必要がなくなるため、すぐに役立てることができて便利です。

指定できる回答条件には文字数や回答数、文章スタイル、リスト形式などがあります。また、質問の内容は一度に1つに絞ることで、具体的な回答が得られます。続けて質問の枝葉となる細部の質問をしていくことで、より深い内容の回答が得られるでしょう。

ChatGPT(チャットGPT)を使う際の注意点

ChatGPTは素早くなめらかで整った回答をしますが、難点は回答内容が間違っている可能性があることです。ChatGPTが学習している情報は2021年9月までのものなので、最新ではない過去の情報になります。

また、人間の言葉を完全に理解できなかったり、間違った情報を参照してしまった可能性もあり、存在しない情報や不正確な回答を出してしまうことがあるのです。ChatGPTを使用する場合は、出力された回答が正しい根拠のある情報なのか、確認することが重要です。

AIはデータが多ければ多いほどどんどん深く学習し、賢くなっていくことが予測できますので、今後はより正確性の高い回答ができるようになると考えられています。

可能性あふれるChatGPTを上手に活用しよう

世界中のあらゆる情報を学習し自然な対話を可能にしたChatGPTは、今後ますます進化し社会にも大きな影響を与えるでしょう。質問のコツなどを覚えて上手に使いこなしていくと、自分の日常や仕事面で役に立つことが期待できます。

ChatGPTにはプラス面だけではなくマイナス面もありますので、その点に注意して使用することが大切です。とはいえChatGPTには大きな可能性がありますので、まずは一度使用して、その対話能力を実感してみてください。

営業の効率化にはAIツールがおすすめ

営業支援AIツール「ACES Meet」なら、商談中の様子を録画して、自動でBANTCの判定や文字起こし、議事録の作成まで行えます。また、話しているスピードや内容などをAIが解析し、どんなトピックにどれくらい時間を使ったのか、重要な箇所はどこなのかを分かりやすく表示します。

この議事録や商談データを自動で作成することで、営業の負荷が下がって商談の件数を増やせるだけでなく、振り返りやナレッジの蓄積にもなります。その結果、自社独自の「勝ちパターン」を作ることができるでしょう。まずはお気軽にお問い合わせください。

アバター画像

執筆者

ACES Meet 編集部

ACES Meetは、AI がオンライン商談の録画・書き起こしを行い、商談の内容や温度感を共有・解析できる営業支援AIツールです。ブログをとおして、主に商談にまつわるナレッジをお届けいたします。

  • デモ画面の閲覧やツール導入のご相談などお問い合わせはこちら
  • 3分でわかるACES Meetダウンロードはこちら
  • 3分でわかるACES Meetダウンロードはこちら

お問い合わせ・資料請求

サービス紹介資料、導入のご相談等、まずはお気軽にお問い合わせください。