営業の受注率が向上するAI商談解析クラウド ACES Meet

生成AI(ジェネレーティブAI)とはメリット・デメリット、使い方を解説

ACES Meet blog_about_generationai

更新日:2023年12月05日

公開日:2023年11月28日

生成AI(ジェネレーティブAI)という言葉を知っていても、具体的な内容を知らない人は少なくありません。たとえば、生成AIには、テキスト、画像、音声、動画があることをご存知でしょうか。これらの種類やこれまでのAIとの違いや使い方を理解すると、職場やプライベートで有意義に活用できるでしょう。

この記事では、生成AI(ジェネレーティブAI)のメリットやデメリット、使い方について解説します。

aces meet_table

生成AI(ジェネレーティブAI)とは?

生成AI(ジェネレーティブAI)とは、さまざまなコンテンツを生み出せるAIのことです。今までのAIの目的が決まった行為の自動化であるのに対し、生成AIはパターンを学習して新たなものを生み出せます。生成AIを活用した例は、以下のとおりです。

  • テキスト生成AI(ChatGPT、Bard)
  • 画像生成AI(Stable Diffusion、Midjourney)

上記の生成AIは、特にクリエイティブ分野で広く活用されています。

これまでのAIとの違い

これまでのAIとの違いは、新たなコンテンツを生成するための学習ができる点です。従来のAIは、何かを生成するというよりも数値データやテキストなどの整理がメインでした。一方で、生成AIは新たなコンテンツを生み出すために、入力されたデータを学習する能力があります。テキスト生成AIのChatGPTのように、条件に応じた精度の高い文章の生成が可能なのです。

これまでのAIの得意分野が整理や分類であったのに対し、生成AIは創造ができると考えるとわかりやすいでしょう。

生成AI(ジェネレーティブAI)の種類

生成AI(ジェネレーティブAI)に、さまざまな種類があることを知らない人もいるでしょう。近頃では、テキストや画像分野だけでなく、音声が動画生成が可能となっています。

テキスト生成AI

テキスト生成AIは、テキストボックスに質問を入力するとAIが文章を生成し答えてくれるシステムです。テキスト生成AIの代表例として、以下の2つが挙げられます。

  • ChatGPT
  • Bard

テキスト生成AIは、質問の回答を作るだけでなく人間の打ち込んだテキストに対して指摘することも可能です。プログラミングコードから間違い部分を発見したり、文章を流暢な日本語に直したりもできます。

参考:ChatGPT(チャットGPT)とは?料金や始め方、上手に使うコツを紹介

画像生成AI

画像生成AIは、テキスト入力するとAIが内容に応じた画像や写真を生成してくれるシステムです。画像生成AIの代表例として、以下の3つが挙げられます。

  • Stable Diffusion
  • Midjourney
  • DALL・E 2

数秒で内容に応じた画像を作成してくれるため、クリエイティブ業界での業務サポートやアイデア出しなどで活用される生成AIです。また、ブログの挿絵や私的な文書へのイメージ画像など、個人でも使える幅が広がっています。

参考:画像生成AIとは?オススメのツール10選や活用方法、注意点を紹介

音声生成AI

音声生成AIは、人の声を入力すると音の特徴を学習し、新たな音声データを生成できるAIです。音声生成AIの代表例として、以下の3つが挙げられます。

  • Speechify
  • Notevibes
  • Murf.ai

音声を学習すると、指定された文章の読み上げだけでなく感情に合わせた表現も可能です。解説動画でのナレーションやコールセンターの自動応答、多言語での通訳などでも活用されています。

動画生成AI

動画生成AIは、テキストでイメージを入力すると、内容に沿った新たな動画を生成できるAIです。生成AIの中でも動画分野のツール開発は難しいとされていましたが、2023年3月にアメリカのRunway社が「Gen-2」という高品質動画生成AIを発表しました。動画生成AIは、新たな動画の生成以外にも以下のようなことができます。

  • 静止画の動画化
  • 既存動画の変換

写真を映像化したり、動画内のしゃべっている内容を自然に変更したりすることも可能です。

生成AI(ジェネレーティブAI)のメリット

生成AI(ジェネレーティブAI)の概要を把握したら、次は活用のメリットが気になるところです。生成AIを上手に活用すると、人的リソースを有効利用できる点を理解しましょう。

コストを削減できる

今まで手作業で行ってきたことをAIに任せられると、コスト削減につながります。

文章や動画、画像などの作成は人間が行っていたため、社内の人件費や外注費がかかりました。生成AIは人間が作業を行うよりもスムーズなうえ、パソコン1台で完結するため技術にかけるコストが最低限で済みます。

その結果、コストを削減でき、より重要度が高い業務へ人的リソースを投入できるようになるでしょう。

業務の効率化を図れる

生成AIは容量の大きい情報を数秒で処理できるため、活用すると業務の効率化を図れます。

これまでの手作業では、資料作成やプログラミングコードのような大きなデータの処理には、相応の時間がかかりました。生成AIはルール学習が得意なため、活用すると長文の要約作成やエラー部分の特定などを瞬時に行えます。

容量が大きいデータの人的チェックにはミスが発生しがちですが、生成AIを使うと精度の高い成果物の作成が可能です。

アイデアを得られる

生成AIが持つ多くのコンテンツを生み出せる特徴を利用し、仕事でのアイデア出しにも活用できます。

これまで新たな発想を創造するには、参考となる文献や情報を入手し時間をかけてアイデアを練る必要がありました。生成AIは、一つのキーワードから多数のバリエーションを作り出せるツールです。

人間にはない視点に出会える可能性もあり、クリエイティブ活動の助けになると考えられます。

生成AI(ジェネレーティブAI)のデメリット

生成AI(ジェネレーティブAI)は便利なツールですが、知っておきたいデメリットがあることも事実です。発展途上のツールであり、取り扱いには注意が必要な点を理解しましょう。

情報が間違っている可能性がある

現段階の生成AIは、間違った情報のコンテンツを生み出す可能性があるため注意が必要です。

生成AIの精度は年々上がっているものの、発展途上の技術であり情報の正しさには課題が残ります。誤情報を選別できないまま学習すると、誤った内容のコンテンツを生み出す可能性があるのです。

世の中に間違った情報を伝えると混乱につながるため、現段階でのコンテンツの最終チェックは人間が行うべきでしょう。

プライバシー侵害や情報漏洩のリスクがある

生成AIツールには、ユーザーのプライバシー侵害や情報漏洩リスクがあるため注意が必要です。

生成AIの中には、ユーザーが入力した内容を再学習するツールがあります。あるユーザーが入力した情報が、ほかの利用者の生成AI利用時に出力される可能性があるのです。なお、本人にその気はなくても、データの入力自体が個人情報の第三者提供とみなされる場合があります。

生成AIへの重要な情報の打ち込みは、現時点では避けるべきでしょう。

生成AI(ジェネレーティブAI)の使い方・活用方法

生成AI(ジェネレーティブAI)の使い方を知り、日常生活や仕事で活用したいものです。使用例がわかると、今まで時間がかかっていたことや手がつけられなかった部分の解決に役立つでしょう。

会議の文字起こしをしてもらう

生成AIは音声のテキスト化が可能なため、会議の文字起こしにも利用できます。

議事録作成の文字起こしは、議論が深まるほど作業時間やテキスト量が増えるものです。議事録自動作成ツールのような生成AIを利用すると、会議音声をリアルタイムでテキスト化してくれます。会議中の話者の振り分けも自動で行ってくれるため、議事録作成の手間が大幅に省けるでしょう。

文章を要約してもらう

生成AIは膨大データの要点をまとめるのが得意なので、長文の要約に活用できます。

日々の仕事が忙しく、新聞やネット記事を読む暇がないビジネスパーソンは少なくありません。生成AIに読みたい長文テキストを入力し要約を指示すると、指定の文字数で文章をまとめてくれます。

論文やニュースをたくさん読みたいけど、インプット時間が限られる社会人にオススメの活用例です。

参考:AIで文章を要約できるオススメツール12選|上手に使うコツも紹介

ブランド名、キャッチコピーなどのアイデアをもらう

少ないキーワードからさまざまな発想を生み出す生成AIは、ブランド名やキャッチコピーなどのアイデア出しにも適しています。

商品の名前やコピーはものを売る際に重要な要素となりますが、なかなかいいアイデアが浮かばないと悩む人は少なくないでしょう。生成AIにターゲットとなる人物像や製品の特徴を入力すると、条件に沿った文章を生成してくれます。

今までの常識にとらわれず、自由な発想でアイデアを生み出したい場合にオススメです。

コンテンツ生成の補助をしてもらう

生成AIの活用方法として、コンテンツ生成のサポート業務が挙げられます。

メールの件名や本文を作成する際、内容は決まっているのに文章がうまく組み立てられないと悩む人は少なくありません。生成AIでは書きたい内容を条件に挙げ、文章化の指示をすると起承転結のある文章を作成できます。

作りたいコンテンツの内容を入力すると条件に沿った文章を生成できるため、ブログタイトルや見出し、商品の説明文の作成にも応用可能です。

プログラムのコードを生成してもらう

テキスト生成AIの活用例として、プログラムのコード生成が挙げられます。

Webサイトを作りたいとき、一からプログラムコードを打ち込むにはある程度の知識が必要です。生成AIにHTMLやCSSなど、特定の動作をとる言語を条件に挙げて指示すると、プログラムコードが作れます。

プログラミング初心者でも簡単にホームページ作成ができるうえ、動作がうまくいかなくてもAIによるエラー箇所の特定が可能です。

生成AI(ジェネレーティブAI)の使う際の注意点

生成AI(ジェネレーティブAI)の活用例を実践する前に、知っておきたい注意点があります。生成AIの利用により意図せずともトラブルに発展する場合があるため、対策を理解しましょう。

情報の真偽を確認する

生成AIが生み出すコンテンツは情報が間違っている可能性があるため、真偽のチェックが求められます。AIが生成するコンテンツの精度は高まっているものの、情報の真偽判別までは追いついていないのが現状です。

特に商業に用いる場合、生成されたコンテンツはそのまま利用せず、内容に目を通してから活用しましょう。なお、情報の正誤は論文や国の発表など、信頼のおける一次情報をもとに確認するようにします。

権利問題を理解する

生成AIが作り出したコンテンツが、他人の著作物と似ているとトラブルにつながるため権利問題にも注意が必要です。

生成AIに学習させるデータが他人のコンテンツである場合、似ているものが生成される可能性があります。類似性や依拠性が高い場合は著作権侵害となりうるので、他人のコンテンツの無断使用は避けましょう。

なお、他人の著作物を使用していなくても、生成されたものが権利侵害に当たらないよう留意する必要があります。

生成AIの使い方を知り仕事やプライベートに役立てよう

生成AIは、使い方を知っていれば誰でも利用できるクリエイティブなツールです。気をつけるべき点に注意しながら使用すれば、普段より質の高い作業を行えるようになります。

生成AIの使用方法や注意事項を理解し、仕事やプライベートに役立てましょう。

アバター画像

執筆者

ACES Meet 編集部

ACES Meetは、AI がオンライン商談の録画・書き起こしを行い、商談の内容や温度感を共有・解析できる営業支援AIツールです。ブログをとおして、主に商談にまつわるナレッジをお届けいたします。

  • AIが議事録を自動作成 商談・会議に集中! 成果に直結!
  • AIが議事録を自動作成 商談・会議に集中! 成果に直結!

お問い合わせ・資料請求

サービス紹介資料、導入のご相談等、まずはお気軽にお問い合わせください。